製品紹介ヒートポンプシステム

ボイラーレス洗浄機で省エネ、コスト削減

コンテナ、パレット洗浄機の熱源は従来蒸気ボイラーを活用しての運用が90%以上でした。必要とする熱源は、洗浄水加熱用、リンス水加熱用及び乾燥用熱風加熱用になります。

遠心脱水型乾燥及びヒートポンプにより、ボイラーとのハイブリット化、更にはボイラーレス化が可能になります。

これにより、大幅なランニングコストの削減及びCO2の削減にもつながります。

特長と動きをまとめたアニメーションはこちらをクリック(WMV形式)

ヒートポンプの詳細仕様

型式 SHP-18
電源 周波数 単相200V 50/60Hz
最大電流 30A
外形寸法 W450×L850×H1,900mm
製品重量 170kg
  60℃出湯 65度出湯
定格加熱能力/消費電力※ 19kW/4.6kW

18.3kW/4.5kW

夏季加熱能力/消費電力※ 19.6kW/4.1kW

18.3kW/3.9kW

冬季加熱能力/消費電力※ 18.6kW/4.9kW

18.0kW/5.1kW

運転音 定格 51dB
夏季 50dB
冬季 52dB

使用冷媒(封入量)

R410A(1.5kg×2系統)
出湯温度 70℃・65℃・60℃
最大使用圧力 490kPa
ヒートポンプユニット接続管 R1/2
高圧保安法区分 不要
※加熱能力・消費電力の測定条件は下の条件表を参照ください
  利用側 熱源側
  冷温水 空気温度
  入水温度 出湯温度 乾球温度 温球温度
定格条件 17℃ 65℃ 16℃ 12℃
夏季条件 24℃ 65℃ 25℃ 21℃
冬季条件 9℃ 65℃

7℃

6℃
  • 使用する水は上水道、もしくは弊社基準に準拠してください
  • 給水入口温度は50℃以下で使用ください
  • 設置する場所の温度は-5℃以上としてください
    また、凍結する恐れがある場合は、別途、凍結防止策を実施してください
  • 塩害地区には設置しないでください
TDW-450(V)

クリックすると画像が拡大します

特徴

  • 熱源としては1の入力に対して4倍の出力が取れます
  • R410A冷媒を使用した汎用機
  • 60℃出湯設定で定格COP4.13
  • ボイラを設置するよりイニシャルが安価
  • 貯湯タンクとの併用で深夜電力を利用し安く湯の生成が可能

ヒートポンプ設置のフロー図

ヒートポンプ設置のフロー図
製品・サービスに関するお問い合わせはこちら

製品紹介